中尊寺の桜・お花見情報2019。花に彩られる世界遺産を堪能

この記事では平泉町にある中尊寺の桜の見頃時期などの基本情報と、実際に訪れた際に感じたおすすめスポットを写真とともにご紹介します。

花に彩られる世界遺産

2011年に世界遺産に登録された中尊寺は、平泉の黄金文化を象徴する金色堂が有名な歴史ある寺院です。12世紀初頭に奥州藤原氏・初代清衡により造設されましたが、当時の建物の多くは焼失してしまっていますが、境内は平安の雰囲気を残しています。国宝建造物第一号の金色堂をはじめ、本堂や700年の間金色堂を雨風から守っていた旧覆堂など見所が満載です。

桜の開花時期には、ソメイヨシノを中心に、多くの花が境内を彩ります。

中尊寺の基本情報

住所〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
定休日なし
営業時間

3月1日~11月3日 8:30~17:00
11月4日~2月末日 8:30~16:30

拝観料参拝は無料
金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂の拝観料
大人 800円 高校生 500円 中学生 300円 小学生 200円

中尊寺の桜・お花見情報

例年の見頃4月中旬〜下旬
桜の種類ソメイヨシノ
夜桜鑑賞なし
桜まつりなし
売店あり
ビール販売なし
日本酒販売なし

桜・お花見の楽しみ方

中尊寺は例年4月中旬〜下旬ごろに桜の見頃を迎えます。並木のように桜が群生しているところはありませんが、広い境内にまばらに点在する桜は、中尊寺独特の厳かな雰囲気と相まり、より一層美しく見えます。

境内は広く、金色堂など他の施設をまともに見るなら、それなりに歩き回ることになります。歩きやすい靴を履いて来ることをオススメします。

▼オススメの歩きやすい靴

ニューバランス / U 220 ウォーキングシューズ

混雑状況

桜の開花時期は多くの花見客が訪れます。敷地も広いですが、本堂や金色堂周辺はそれなりに混雑します。第一駐車場はすぐ埋まってしまいますが、第二駐車場であれば、よっぽどのことがない限りスムーズに駐車できると思います。

中尊寺の桜見どころ

中尊寺の桜は境内のあちこちに点在しているので、時間に余裕がある場合は、ゆっくりと境内を1周するイメージで、お花見をお楽しみください。感覚的には、金色堂や本堂の拝観も含めて2時間程度を見込んでおくといいと思います。お昼ご飯食べる場合は、プラスその時間を考慮してください。

▲中尊寺入り口付近で桜のお出迎え。

▲山の斜面の桜。一番桜が群生しているスポットだと思います。

▲地蔵堂の方を曲がるとシダレザクラがあります。

▲桜と比べると椿の花はかなり赤いですね。

▲本堂前の広場にある桜。本堂前は視界がひらけているので、いろんな角度から桜を見ることができます。

▲線香の煙でぼやける桜もなかなか風情がありました。

▲本堂と桜。大昔の人たちも同じような風景を見ていたのでしょうか。

▲弁財天堂の周りには桜をはじめ様々な種類の花が咲いています。

▲弁財天堂前の紫木蓮。おおぶりな花が可愛らしいです。

なんぶてつぞう君

平泉町では中尊寺のほか、毛越寺、達谷窟毘沙門堂と、歴史と桜のコラボレーションを楽しむことができます。一日で全部周れるのでぜひ挑戦して見てください!

インスタでも情報発信中!

インスタでも「中尊寺」の桜・お花見情報を発信しています!
よかったらFollowもお願いします!

中尊寺周辺の桜・お花見スポット

中尊寺から車で3分程度の場所にある毛越寺。桜の本数は多くないですが、浄土庭園に淡くピンク色づいた桜がひっそりと佇む様子は風情があります。

▼毛越寺の桜・お花見情報はこちら

毛越寺の桜・お花見情報2019。庭園に佇む桜の姿が美しい

達谷窟毘沙門堂は、境内全体を覆うように植えられたシダレザクラと岩肌に浮かぶ毘沙門堂の朱色のコントラストがとても美しいスポットです。

▼達谷窟毘沙門堂の桜・お花見情報はこちら

達谷窟毘沙門堂のお花見情報2019。シダレザクラの美しい桜名所

岩手県の桜・お花見スポットを探す

岩手県の桜・お花見スポットをまとめています。定番から穴場までご紹介!

【2020年】岩手県の桜・お花見スポットまとめ。定番から穴場までご紹介!

エリアから探す

岩手県の桜名所を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください