ござ九・森九商店|盛岡を代表する貴重な町屋建築の雑貨屋

ござ九・森九商店は盛岡市内に流れる中津川を背に、荒物・日用品を扱っている雑貨屋で、盛岡市の保存建造物にも指定されている、江戸時代から明治に建造された古風な商家の佇まいを伝える歴史的な建造物が店舗となっています。岩手銀行赤レンガ館の方向から歩いてくると黒壁の落ち着いた建造物が見えてきますが、商店と一目でわかるような看板は立っていないので、見逃してしまうかもしれません。

ござ九・森九商店の基本情報

住所〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町1−31
定休日日曜日
営業時間8:30〜17:30

ござ九・森九商店の見どころ

岩手銀行赤レンガ館から紺屋町方面に歩くこと2分程度で、黒壁が印象的な2階建の商家が見えてきます。特にお店だとわかる看板は立っていませんが、入り口には竹箒や大きなたわしが飾られているので、よく見ていれば気がつくと思います。

▲昔ながらの荒物屋という雰囲気。

▲見たことのないほど大きな「たわし」。こんな大きなたわしを実際に使うことがあるのでしょうか。

▲ござ九は竹かごや竹ザルのように、魅力的な竹製品が揃っています。

今ではほとんど見かけることのなくなった手仕事品が並ぶ店内。昔から盛岡の人々の生活を支え続けたきた歴史を感じることができます。近くには岩手銀行赤レンガ館、旧盛岡貯蓄銀行、紺屋町番屋と盛岡市の保存建造物がいくつもあるので、レトロな町歩きを楽しむのもおすすめです。

ござ九・森九商店の見どころまとめ
  1. 盛岡市の保存建造物に指定された古風な佇まいの商家
  2. 手仕事による竹製品の数々

 

なんぶてつぞう君

こういう昔ながらのお店の常連さんって憧れませんか?

インスタでも情報発信中!

インスタでも「ござ九・森九商店」の見どころを発信しています!

よかったらFollowもお願いします!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岩手小旅さん(@iwatekotabi)がシェアした投稿

盛岡のおすすめ観光スポット情報も!

岩手銀行赤レンガ館や南昌荘に代表されるレトロな街並み、宮沢賢治や石川啄木にまつわる歴史や文化、桜や紅葉など四季を感じる美しいスポット、温泉に、グルメ、お土産まで地元民ならではの目線で、盛岡市の魅力を余すことなくご紹介しています!

盛岡のおすすめ観光スポット!歴史と四季を感じる定番&穴場まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください