続石|弁慶が持ち上げたのか、古代巨石文化か?謎の巨石を探索!

カッパや座敷わらしなど数々の伝承が残る遠野ですが、そんな遠野の中でもひときわ不思議なスポットがあります。

それは、遠野駅からおよそ10㎞ほど離れた場所にある綾織町にある、高さ2mの台石に幅7m、奥行き5mもの巨石が載る「続石」。
柳田國男の著した『遠野物語』にも登場する続石は、様々な逸話が残された謎の巨石なのです。

実際に行ってそのミステリーな雰囲気を体感してきたのでレポートします!

続石の基本情報

住所〒028-0533 岩手県遠野市綾織町上綾織6地割
営業時間散策自由
料金無料
アクセス遠野駅から約10Km 車で15分
駐車場あり/5台程度

続石の見どころ

▲続石の入口。

続石は遠野駅から花巻方面へ車で15分ほどと、他のスポットとは少し離れた場所にあります。あまり大々的に観光名所として整備していないので、注意していないとそのまま素通りしてしまうかもしれません。

▲続石の説明が書かれた看板。

小高い杉林のなかに、古代巨石文化がのこしたものといわれている大きな石があります。二つならんだ石の一方に、幅7メートル、奥行5メートル、厚さ2mほどの巨石が笠石としてのっています。

弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い石なのに大石の下になるとは残念だと嘆いたので、いまの石の上におきかえたという話を、『遠野物語拾遣』第11話が伝えています。

巨大巨石文化、弁慶が積み替えた・・・どちらにしろ興味をそそる話です。

▲ここから山道を歩いていくので杖代わりにどうぞ!ということみたい。

▲こんな山道を10分ほど登っていきます。

登山靴は必要ありませんが、歩きやすい靴が無難です。

▲途中に看板が立っているので道に迷うことはないでしょう。

▲クマが出ることもあるみたいです。僕は他の人もいたため何も持たずに行ってしまいましたが、鈴は持って行った方がいいと思います。

▲最初に見えてくる「泣石」。

歩いているとまず最初に見えてくるのが、泣き石という巨石です。

先ほどの看板の説明に『弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い石なのに大石の下になるとは残念だと嘆いたので、いまの石の上におきかえた』という一説がありましたが、大石の下になるとは残念だと嘆いた石がこの「泣石」といわれています。

▲存在感のある続石。

泣石から少し歩くと目的の続石が見えてきました。高さ2mの台石に幅7m、奥行き5mもの巨石が載っているということで、まじかに見るとかなりの迫力。少し怖いですが、続石は鳥居のようになっているので真ん中に空間があり、巨石の間を通り抜けることもできます。

弁慶の逸話の他に、ドルメンと呼ばれる新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種でないかとの説もあります。

ドルメンは基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態ということで、まさに続石はぴったり合致します。

個人的にはかなり古いものと見えるので、ドルメン説に一票を入れたいところですが、さて真相はいかに・・・

▲もう一つ、不動岩という巨石もあります。

続石の見どころまとめ
  1. 弁慶が持ち上げたといわれる巨石がある。
  2. 新石器時代から初期金属器時代の巨大墓説も。
  3. ミステリアスな雰囲気が好きならおすすめです。

遠野のおすすめ観光スポット情報も!

『遠野物語』に代表される民話の世界観が残る遠野市。古き良き遠野の農家の暮らしを体験できる遠野伝承園、カッパが現れるというカッパ淵、弁慶が持ち上げたという巨石が残る続石、さらには紅葉が美しい福泉寺や遠野郷八幡宮など観光スポットに加え、遠野名物のジンギスカンやお土産に最適な地ビールなど遠野市の魅力を盛りだくさんでご紹介しています!

遠野のおすすめ観光スポット!民話と伝説を巡る定番&人気グルメも!

インスタでも情報発信中!

インスタでも「続石」の見どころを発信しています!
よかったらFollowもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください