「みちのくあじさい園」マツコも絶賛の絶景スポット|一関市

憂鬱な梅雨時期の癒しといえば、「あじさい」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。桜の名所のようにあじさいにも名所と呼ばれるところがありまして、岩手で一番有名なのが、一関市の「みちのくあじさい園」です。

2019年5月19日に放送された『マツコの知らない世界』のあじさいの世界で日本屈指のあじさいスポットとしても紹介されたことで、例年以上の賑わいを見せているようです。

そんな今大注目の「みちのくあじさい園」に行ってきましたので、写真を交えながら見所をご紹介していきたいと思います。

みちのくあじさい園の基本情報

住所〒021-0221 岩手県一関市舞川原沢111
開園時期毎年6月下旬~7月下旬
入場料大人1,000円、こども200円
アクセス一ノ関駅からバスで20分
駐車場あり
HPいちのせき観光NAVI

みちのくあじさい園の見どころ

みちのくあじさい園は一関市の景勝地「猊鼻渓」から車で10分程度の場所にあり、アクセスはいい方ですが、周りはほとんど何もない田舎道という雰囲気でした。ただ、駐車場に近づくにつれ渋滞が発生し、第一駐車場から1kmほど離れた第二駐車も満車状態という状況。

20分くらい待って運よく第一駐車場に空きができ、そちらに誘導されましたが、1時間程度の渋滞は覚悟した方が良いかもしれません。

▲入場料は1000円。

タイミングが良かったのかチケットは並ばずに購入することができました。パンフレットを見ると「奥姫コース」「健脚コース」「くれないコース」と3つのコースがあるようです。せっかくなので一通り歩いてみたいと思います。

▲くれないコース入り口付近。

▲山の斜面に咲くあじさい。

小さな写真だとわかりにくいですが、かなりの数です。圧巻の一言。

▲薄い青が美しいです。

▲見渡す限りあじさいが広がるあじさい畑。

▲白いあじさいがクラゲのように見えてきました。

▲白と青のコントラストが美しい。

▲ちょっと紫っぽい色も。

▲林間から見るあじさい畑。

▲奥姫コースには赤いあじさいも。

▲舗装されていない林道を歩いていくので汚れてもいい靴を履いて行った方がいいと思います。

▲杉林一面に広がるあじさいは圧巻でした。

もう少しうまく撮れればなあと少し後悔。

みちのくあじさい園の見どころまとめ
  1. 東京ドーム3個分の広大な敷地に広がるあじさい
  2. 400種4万株ものあじさいを楽しめる!
  3. 開花時期が6月下旬〜7月下旬の1ヶ月間と比較的長い

おすすめの季節・時間帯

▼おすすめの季節 #梅雨

▼おすすめの時間 #朝

マツコの知らない世界で紹介された岩手

放送されるたびに毎回話題になる「マツコの知らない世界」。岩手県の名物や名所が紹介されていると嬉しくなりますよね。深夜に放送していた過去回のものは見れなかったという人もいると思いますので、わかる範囲で、過去に紹介された岩手県の名物・名所をまとめました。

マツコの知らない世界で紹介された岩手県の名物&名所まとめ

インスタでも情報発信中!

インスタでも「みちのくあじさい園」の見どころを発信しています!
よかったらFollowもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください