八幡平アスピーテラインの紅葉情報2019。おすすめスポットと見頃時期をご紹介!

この記事では八幡平アスピーテラインの紅葉の見頃時期などの基本情報と、実際に訪れた際に感じたおすすめスポットを写真とともにご紹介します。

岩手を代表する絶景スポットの数々

岩手県の八幡平から秋田県のトロコ温泉までをつなぐ全長約27kmのドライブウェイとして知られる八幡平アスピーテライン。南には岩手山が一望でき、アオモリトドマツの樹海が広がる広大な大自然は絶景です。途中には、御在所湿原や黒谷地湿原などいくつか散策スポットがあるので、時間に余裕のある方は、立ち寄ってみることをおすすめします。

八幡平アスピーテラインは例年9月下旬ごろから紅葉が見頃を迎えます。御在所湿原や源太岩展望台やなど多くの見どころがあり、盛岡市街地から1時間程度とアクセスも良いので、県内随一の人気の紅葉スポットとなっています。

紅葉の楽しみ方

八幡平アスピーテラインの紅葉は基本的には車でドライブしながら楽しむことになります。途中に御在所湿原や黒谷地湿原、山頂にレストハウスと遊歩道があり、車を降りて散策を楽しむのもおすすめです。ただし、頂上付近はほとんど針葉樹なので、あまり紅葉しません。

「紅葉を楽しむ」ということで割り切るのであれば、岩手県側の御在所湿原、秋田県側のふけのゆ温泉、後生掛温泉後生掛温泉自然研究路、大沼自然探勝路をメインに周ることをオススメします!

八幡平アスピーテラインの紅葉は、県内だけでなく全国から紅葉狩りに訪れるので、特に頂上レストハウス付近の駐車場は混雑が予想されます。あちこち回る予定がある方は余裕を持って早めの時間のスタートがいいかもしれません。紅葉狩りを楽しんだ後は、近隣にある藤七温泉や、ふけの湯、後生掛温泉に立ち寄って汗を流すのもおすすめですよ!

八幡平アスピーテラインの紅葉情報

例年の見頃9月下旬〜10月中旬
紅葉する木の種類ブナ、ナナカマド
おすすめスポット岩手県側:御在所湿原
秋田県側:ふけのゆ温泉、後生掛温泉後生掛温泉自然研究路、大沼自然探勝路

八幡平アスピーテラインへのアクセス

住所〒028-7305 岩手県八幡平市
定休日期間中無休(11月上旬〜4月中旬は通行止め)
料金無料
アクセス盛岡駅からバスで120分、松尾八幡平ICから車で25分
駐車場あり/146台

見ごろ時期について

八幡平アスピーテラインは標高によって紅葉の時期が微妙に異なります。

例えば、頂上付近では9月下旬から10月上旬、御在所湿原付近は10月上旬から10月中旬というように、微妙に紅葉時期がずれているので、八幡平アスピーテライン全体を通してみれば、半月近く紅葉を楽しみことができます。

ショウヘイ

僕が訪れた10月中旬は御在所湿原あたりが見頃でした。山頂付近はすでに落葉していたので、アスピーテライン全体のピークは10月上旬だと思われます。

混雑状況

八幡平周辺はアスピーテラインを中心に岩手県を代表する紅葉の名所なので、観光客は多いですが、関東近郊の紅葉スポットのように大渋滞で何十分も車が進まないということはありません!比較的スムーズにドライブすることができます。

それでも混雑が心配なら午前中に行くことをオススメします。統計をとっている訳ではないのですが、実際に訪れた時の感覚だと、午前中とお昼頃から15時頃までの混雑状況を比較すると、午前中は3分の1程度の混雑状況という印象です。全く渋滞することなく秋田県側まで走り抜けることができました。

八幡平アスピーテライン周辺の紅葉スポット

八幡平アスピーテラインの紅葉はドライブしながらでも十分楽しむことができますが、特に絶景のポイントは車を停めて散策してみることをオススメします!

御在所湿原

▲黄金色の五色沼。

八幡平アスピーテラインの岩手県側最初のオススメスポットは御在所湿原!道路脇にある駐車場から散策路を15分ほど歩いて行くと、ミズバショウやワタスゲなどの高山植物や、湖面の色が変化することから名付けられた五色沼(赤沼)や御在所沼を見ることができます。

五色沼は、夏の時期は湖面がコバルトブルーの色になるのですが、10月中旬に訪れた時には紅葉に合わせるように黄金色になっていました。

▲湖面に映る紅葉と地熱発電所の蒸気が美しい。

住所〒028-7301 岩手県八幡平市(その他) 野駄135
駐車場あり/20台程度

ドライブ途中(御在所湿原〜源太岩展望台)

▲ドライブ途中から見える絶景!特に名前がついているスポットではありませんが、途中に駐車できるスペースが何箇所かあります。

▲色づいた山々に囲まれた絶景のドライブを楽しめます!

源太岩展望台

▲朝日に照らされた源太岩

源太岩展望所は標高1259m地点に設けられた展望所で、ヘアピンカーブの角にある大きな岩が目印です。アオモリトドマツやダケカンバ、ブナの樹林が広がり、その先には2038mの県内最高峰・岩手山の姿が一望できます。岩手山の撮影スポットとしておすすめです。

住所〒028-7302 岩手県八幡平市(その他) 松尾寄木北の又国有林
駐車場あり/8台

大深沢展望台

▲大深沢展望所からの眺望。秋田県側は紅葉真っ盛り。

源太岩展望台の次は八幡平山頂を通過して、秋田県側の大深沢展望所に!大深沢は日本海に注ぐ雄物川の支流である玉川の源流域で、岩手山、月山、鳥海山などの眺望を楽しむことができる撮影スポットとして人気です!

▲岩手側は針葉樹が多く青々としています。

住所〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖玉川蒲谷地
駐車場あり/10台程度

ふけの湯温泉付近

▲アスピーテラインからふけの湯を望む

ふけの湯はアスピーテライン沿いにある標高1100mの雄大な自然に囲まれた温泉地。今から約300年前に開湯したという歴史ある温泉で、開放的な露天風呂から眺める大自然は絶景です!10月上旬から中旬は紅葉を眺めながら温泉に入れるということで、紅葉狩りに訪れた観光客で賑わいます。

▲木の囲いがあるだけの男子露天風呂。頭上には紅葉が広がります。

住所〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内
日帰り入浴料金大人600円、子供300円
日帰り入浴時間8:30〜17:00

後生掛温泉自然研究路

▲泥湯が沸騰し湯気が上がる大湯沼

後生掛温泉自然研究路は東北を代表する名湯として知られる後生掛温泉の奥にある自然研究路で、大湯沼や日本一の規模と言われる泥火山など火山活動が活発な様子を見学することができます。至る所から湯気が上がり、周囲を囲む紅葉とのコントラストは絶景!歩道は舗装されており、スニーカーでも気軽に散策することができるのも嬉しいですね!

▲日本一の規模と言われる泥火山

▲後生掛温泉自然研究路の駐車場付近。研究路まで行かなくても十分紅葉を楽しむことができますよ!10月上旬から中旬頃が紅葉のピークです。

住所〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林33
駐車場あり/20台程度

八幡平大沼

▲ビジターセンターの駐車場から徒歩5分程度、八幡平大沼を囲む紅葉が美しいですね!

八幡平ビジターセンターのすぐ脇にある八幡平大沼は周遊約30分の遊歩道が整備されており、沼の周りを散策しながら紅葉を楽しむことができます。

▲湖面が静かな時に水面に映る紅葉は絶景です。

▲大沼のすぐ脇にある八幡平ビジターセンターでは八幡平の自然をジオラマや映像でわかりやすく学ぶことができます。

住所秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林
駐車場あり/30台程度

オススメのスポットと紅葉見頃時期

岩手県側から秋田県側まで紅葉を楽しめるスポットが満載の八幡平アスピーテライン。それぞれのスポットで紅葉時期が若干異なるので改めてまとめてみました!

スポット名紅葉見頃時期
御在所湿原10月上旬〜中旬
源太岩展望台9月下旬〜10月上旬
大深沢展望台9月下旬〜10月上旬
ふけの湯温泉10月上旬〜中旬
後生掛温泉自然研究路10月上旬〜中旬
八幡平大沼10月上旬〜中旬

なんぶてつぞう君

年によって異なりますが、概ねこのような感じになると思います。一番のオススメは10月上旬!周囲は温泉がたくさんあるので、紅葉狩りを存分に楽しんでからゆっくりと温泉に浸かるのもオススメです!

インスタでも情報発信中!

インスタでも「八幡平アスピーテラインの紅葉情報」を発信しています!

よかったらFollowもお願いします!

この投稿をInstagramで見る

岩手小旅(@iwatekotabi)がシェアした投稿

松川渓谷の紅葉もオススメ!

八幡平アスピーテラインにほど近い松川渓谷は例年10月上旬ごろから紅葉が見頃を迎えます。「森の大橋」「松川玄武岩」「松川大橋」など見どころは盛りだくさん!ブナやナラの原生林に覆われた渓谷全体が紅葉に染まる様子はまさに絶景です!

また、すぐ近くの松川温泉は知る人ぞ知る秘湯が3軒集まる温泉地で、温泉に入りながら紅葉を楽しむこともできます。八幡平アスピーテラインよりは若干紅葉時期が遅いですが、10月上旬から中旬の間なら両方とも楽しむことができます!

▼松川渓谷の紅葉情報はこちら

松川渓谷の紅葉情報2019。森の大橋や松川玄武岩は必見!見頃、混雑情報も。

岩手県の紅葉スポットを探す

岩手県の紅葉スポットを探しやすいように、「見ごろ時期」と「エリア」の2つから探せるようにしました。

例年の見ごろ時期から探す

9月中旬9月下旬
10月上旬10月中旬10月下旬
11月上旬11月中旬

エリアから探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください