【岩手の春2020】春だからこそ見られる絶景観光地まとめ

突然ですがみなさんは岩手県というと、どの季節を思い浮かべますか?海を楽しめる夏やスキー・スノボを堪能できる冬をイメージする人が多いかもしれません。

どの季節に訪れても岩手県は素晴らしいところなのですが、春の岩手県は特に絶景が見られることをご存知でしょうか。

新幹線に乗れば仙台から約1時間、東京から約2時間程度とアクセスもいいので、遠いから・・・と足を伸ばさないのはもったいない!

岩手県在住で岩手の観光地あちこちを飛び回っている筆者の生の声がわかりますので、そこらへんのまとめサイトにはない情報があります。ぜひゆっくりと岩手の春を堪能してみてください。

4月中旬〜5月上旬まで楽しめる桜・お花見

春の岩手でまずおすすめしたいのは桜の名所!桜の名所なんて日本全国どこでもあるじゃん、という声も聞こえてきそうですが、岩手県の桜の特徴は何と言っても開花時期が遅いこと。早くても4月中旬、遅いところはゴールデンウィーク頃までは楽しむことができます。なので3月に忙しくて花見どころではなかった・・・という人も岩手県に来れば桜を堪能できますよ!いくつかご紹介するので参考にしてみてください。

北上展勝地

岩手で春の季節に特におすすめしたいスポットといえば、まず思い浮かべるのが北上展勝地。岩手一人気のお花見スポットで、毎年数万人もの人々が北上川沿いに植えられた桜並木のトンネルの下を歩きます。

岩手県は関東地方と比較すると桜の開花が1ヶ月ほど遅く、北上展勝地の桜も見頃は4月下旬から5月上旬頃。そのため、他の地方ではなかなか見ることのできない鯉のぼりと桜のコラボを楽しむことができます。

馬車に乗りながらのお花見、小舟に乗りながらのお花見、それからライトアップされた夜桜と、様々なお花見を楽しめるのも北上展勝地の特徴。是非とも桜の時期に訪れてみて欲しいスポットです。

▼北上展勝地の桜・お花見情報はこちら

北上展勝地の桜・お花見情報2019。圧巻の桜並木と鯉のぼりのコラボは絶景!

高松公園

岩手お花見といえばもう一ヶ所、「桜の名所100選」にも選ばれた盛岡市の高松公園がおすすめ!

高松公園は南部26代藩主信直公により治水を目的として、上田の地に築いた三段の堤防のうち、最も大きかった中堤を公園として整備して整備したもので、ウォーキングやジョギング、犬の散歩にも人気スポットとなっています。

公園の中心にある池の周りを囲うように植えられたソメイヨシノ並木は壮観です!盛岡市随一の桜の名所として、桜の時期には大勢の花見客で賑わいます。

おすすめはボートに乗りながらのお花見。静かな空間で二人きりになれるので、デートに最適なお花見スポットだと思います。

▼高松公園の桜・お花見情報はこちら

高松公園の桜情報2019。水面に映る桜並木が美しいお花見スポット

中尊寺

2011年に世界遺産に登録された中尊寺は、国宝建造物第一号の金色堂をはじめ、本堂や700年の間金色堂を雨風から守っていた旧覆堂など見所が満載です。

そんな世界遺産中尊寺も実は桜の名所なんです!境内に点在するソメイヨシノやツバキ、シモクレンの花が美しく、ゆっくりと散策するのがおすすめ!

感覚的には、金色堂や本堂の拝観も含めて2時間程度を見込んでおくといいと思います。お昼ご飯食べる場合は、プラスその時間を考慮してください。

▼中尊寺の桜・お花見情報はこちら

中尊寺の桜・お花見情報2019。花に彩られる世界遺産を堪能

雪谷川ダムフォリストパーク・軽米

ここまで紹介してきた桜ではありませんが、春ならではのお花見スポットとしてもう一ヶ所おすすめしたいのが、チューリップが有名な雪谷川ダムフォリストパーク・軽米。

小高い丘一面に咲く色とりどりのチューリップはなんと30品種15万本!奥に見える風車小屋とのコラボは、まるで外国にいるかのような雰囲気です!

併設のキャンプ場やバーベキューコーナーもあるので、チューリップ畑や近くの雪谷川ダムを散策したあとご飯を食べながらのんびりと過ごす・・・という贅沢な過ごし方もおすすめですよ!

5月でも雪が楽しめる!

春・・・と言っても岩手県はまだまだ肌寒かったりします。標高の高いところはゴールデンウィーク頃でも一部雪が残っているのですが、それがとても美しいのです!中でも観光地で一般に人でも気軽に行きやすいのが八幡平エリア。春でも雪を楽しめるスポットをご紹介します!

ドラゴンアイ/八幡平山頂遊歩道

春でも雪を楽しめるスポットとしてまずご紹介したいのが、八幡平山頂遊歩道です。

山頂と言っても、八幡平アスピーテラインという観光道路で近くまで行くことができ、遊歩道もしっかりと整備されているので、本格的な登山をすることもありません。遊歩道は1周1時間程度でまわることができ、途中には美しい湖もあります。

散策するのに特におすすめなのが5月下旬から6月上旬。鏡のように美しい湖面を持つ沼として知られる鏡沼の雪解けが進み、まるで竜の目のように見えることより「八幡平ドラゴンアイ」とよばれる神秘的な光景を見ることができます。

このような光景をみることができるのは八幡平でもこの鏡沼だけで、なぜこのような姿になるのかはよくわかっていないとのこと。

気象状況のより毎日少しづつ姿が変わっていくので、八幡平市観光協会のホームページやインスタなどで最新の状況を確認するといいかもしれません。

安比高原スキー場

観光ついでにスキー・スノボを楽しみたいという方は、ゴールデンウィーク頃まで営業している安比高原スキー場がおすすめ!

東北随一の規模を誇る安比高原スキー場は積雪量が多く、春でも思う存分ウィンタースポーツを堪能できます!

ゴールデンウィーク期間は毎年花火の打ち上げなど様々なイベントが用意され、敷地内には釣り堀や動物園もあるので、お子様がいても退屈することなく一日中遊び尽くすことができますよ!

爽やかな春は街歩きを堪能!

爽やかな風が吹く春は街歩きにぴったりの季節!特に比較的狭い範囲に歴史ある建築物が多く集まる盛岡市の大通り付近は街歩きにオススメのスポットです。

岩手銀行赤レンガ館

街歩きの目的地としておすすめなのが、盛岡のシンボル岩手銀行赤レンガ館。

盛岡銀行の本店として1911年に建設されてから2012年まで約100年もの間使用され、3年の修復期間を経て、現在は公開施設「岩手銀行赤レンガ館」として開館しています。

赤いレンガに白い石を帯状にめぐらせるデザインは東京駅にそっくりですが、それもそのはず、東京駅の設計を担当した辰野金吾の設計で、現存する辰野作品としては東北唯一のもの、という貴重な建築物です。

内部も一般公開され、当時のままの状態で保存された装飾や当時の設計図などの資料を見ることができます。

▼岩手銀行赤レンガ館の詳細はこちら

岩手銀行赤レンガ館(旧盛岡銀行)|レトロな街「盛岡」のシンボル

南昌荘

岩手銀行赤レンガ館から歩くこと10分程度の場所にある南昌荘は、「みちのくの鉱山王」として知られた盛岡出身の実業家瀬川安五郎が明治18年頃に邸宅として建てたもので、邸宅を囲む庭園と合わせて、盛岡市の「保護庭園・保存建造物」に指定されています。

レトロな木造の建築物は一般公開され、週末にはコンサートなどのイベントが開催されます。趣のある廊下や縁側から眺める新緑の庭園の美しさは格別。ここが盛岡市街地にあることを忘れてしまうほどの静寂さがとても心地いいです。

中には喫茶もあり、和菓子付きの抹茶やクッキーをいただくことができるので、街歩きの疲れた時に立ち寄りたいスポットです。

▼南昌荘の詳細はこちら

南昌荘-盛岡でレトロ旅。庭園が美しい明治時代の邸宅。

▼盛岡街歩きのモデルコースまとめ

レトロな街「盛岡」を散歩しよう!おすすめモデルコースをご紹介!

まだ肌寒い岩手は温泉が気持ちいい!

春といえども3月4月はまだ肌寒い岩手県。肌寒い季節に訪れたいのは温泉ですよね!ということで春ならではの景色が楽しめる温泉をいくつかご紹介!

松川温泉

春でも残雪を楽しみながらの絶景露天風呂に入れるとして人気なのが、八幡平市の松川温泉。標高850mに位置するので街中は雪解けが進んでいても、松川温泉の周辺はまだ雪深い・・・というのがちょうど3月末ごろ。

除雪はされているので四駆の乗用車でも行くことはできますが、八幡平マウンテンホテル前 ~ 松川温泉の区間をボンネットバスが運行しているので、そちらを利用するのもおすすめです!

時期によっては青みがかったりエメラルドグリーンのようにも見える乳白色のお湯は秘湯感たっぷり。なんでも厳選は無色透明なのですが、湯の中の成分が空気に触れることによって乳白色の濁り湯になるのだとか。

photo by 旅と温泉の無料写真素材 おんふぉと

松川温泉には「峡雲荘」「松川荘」「松楓荘」と3軒の温泉宿があり、それぞれ宿泊だけでなく日帰り温泉も可能ですので、残雪と開放的な雰囲気が美しい露天風呂に癒されに、ぜひ訪れて欲しい温泉です。

▼松川温泉 峡雲荘の宿泊情報はこちら

▼松川温泉の詳細はこちら

松川温泉|混浴露天風呂が人気の3軒の温泉宿で日帰り入浴を堪能!

繋温泉


盛岡市民の憩いの場である御所湖畔にある繋温泉は、開湯900年という歴史ある温泉で、「つなぎ」の名は源義経が愛馬を石の穴に繋いで入浴したことに由来すると言われています。

繋温泉には18種類ものお風呂を楽しめる「愛真館」、自家源泉100%の源泉掛け流しが自慢の「ホテル大観」など大規模な温泉ホテルは宿泊はもちろん、約10ヶ所で日帰り温泉を楽しめます。

盛岡市内なので、今回ご紹介した盛岡市街地の街歩きや八幡平・安比方面へのアクセスがいいのも繋温泉のおすすめポイントです。

▼繋温泉愛真館の宿泊情報はこちら

まだまだ魅力がいっぱい!

ということで春ならではの岩手の観光地をご紹介しました。

岩手県には豊かな大自然が織りなす絶景や温泉などがたくさんあり一年中楽しめる場所です。ぜひ岩手県を訪れる際はこのサイトを参考にしていただけると幸いです。

東京から岩手(盛岡駅)までの交通手段はこちらに詳しくまとめてあります。どうぞ旅の参考にしてください!

【盛岡〜東京間の交通手段】新幹線 高速バス 自動車 どれが一番お得か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください